つれづれ日記


by bachnachu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

銀座 あさみ

minaと、豪華に銀座で和食をゆっくりといただきました。

今日は、ずっと訪れてみたくても予約がいっぱいの「あさみ」
リピーターになると決定しちゃいました。

カウンターに10席、あとは個室になっているので、20名入れるかどうかの
こじんまりしたお店。

カウンター席で、目の前でお刺身を切ったり、お料理を盛り付けたり、お仕事を拝見しながらいただくのは、とても楽しく大好きです。今日は、久々にお友達に会ったので、おしゃべりもはずみ、あっという間に時間が過ぎていきました。
彼女はプレママなので、一応!、アルコールはなし、ということで、
ちょっといつもと違うスタイル。

では、~お料理紹介~ 

ふきのとうの葛寄せ
お醤油を少しかけてお召し上がりください、と出された最初の一品
こんがりと焼いてあって、ふわっとお口の中でふきのとうの香りが広がり、
最初からかなり感動的。
春を感じますね(*゚ー゚*)
このお料理の器、手のぬくもりが感じられるような、漆黒の器。こういう器が個人的に好きなので、嬉しくなりました。
d0151634_201347.jpg


香箱蟹
思いがけず、香箱蟹が現れて、びっくり!
一応、解禁は過ぎているので、きっと偶然網にかかった蟹でしょう。
この香箱蟹を、このように、きれいに身を出して盛り付けるのは大変な作業ですo(*'o'*)o
12月の終わりに、自宅でカニパーティーをしたときに、香箱蟹の身を出すのに苦労しているので、本当に頭が下がるお仕事ぶりです。
そして、内子と外子もきれいに中に詰めてあり、この蟹の一品だけで、かなりの食べ応えがあります。
食べても食べても終わる気配が感じられないくらいの量って贅沢ですね。
d0151634_20183161.jpg


くもこの焼き物
鱈の白子を雲子と言うそうです。知らなかったわ!
白子に、種別に名前が付いているとはお勉強になりました。
柚子がかかっているのですが、この組み合わせ最強です!
柚子がアクセントになって、白子の濃厚なとろみとよく合います。
わたしと、お友達と、器の色が変えてあるのも素敵な演出でした。わたしのは黄色、彼女のは緑。どちらもきれいでした。
d0151634_20324229.jpg


鯛のお鮨・なまこと長いも・黒豆・タラの芽の天ぷら
これはまた豪華な組み合わせでしょう!
お鮨は、ラップに包んであるのをサッと鮮やかに切るっ、わたしはこういう作業を見ているとワクワクしてしまうの。
一口サイズで、上品なお味です。
なまこ、久々にいただきました!噛み応えバッチリでコリコリです。
山菜の王者、タラの芽。こんなに早くいただけるとは思わず、香箱蟹に続いてサプライズです。
黒豆は、お正月にいただく黒豆とは違う印象、京都風なのかしら。
d0151634_20413734.jpg


向付
平目・赤貝・さより
さよりがとてもキレイ☆
どれも美しいので、しばらく見入ってしまうくらい。
赤貝は小学生の頃からの大好物なので、大満足です(^-^*)/
d0151634_20435082.jpg


お椀
すっぽんとお餅とにゅうめん、でした。
澄んでいるおつゆがとてもおいしくて、あっという間になくなってしまうおいしさ。お餅もやわらかくて、わたし好み!
d0151634_20542136.jpg


このわた
箸休めかな?
このわたが上にのった小さなお食事
このわたも2年ぶりくらいご無沙汰だったので、久しぶりに味わうことができて、今日はすごい珍味Dayだわ~。
この器、とても小さくて、蓋もついていたのですが、柄も繊細で素敵でした。
d0151634_2059076.jpg


焼き物
かつおの幽庵焼き
今度はとてもやさしいお味です。次々に何が出されるのかわからないので、楽しみです。でも、だんだんお腹がいっぱいになってきて、最後まで食べきれるのか不安をよぎり始めた頃でもあります。
d0151634_217177.jpg


炊き合わせ
たけのこ、菜の花、海老いも、ウズラの揚げたもの
お野菜は本当に、上品なおいしさ。おうちでこういう炊き合わせを作ってみたいと強く思うのです。どうしたらこんなに美しく、煮崩れることもなく、クタッとならずに出来上がるのでしょうね。
ウズラにちょっと甘辛さがあってアクセントになりました。
d0151634_21272142.jpg


ご飯
鯛茶漬け
ここで、やっと浅見さんと会話がありました。ずっと忙しそうでしたけれど、おすすめのいただき方を伺ってみました。
「まずは、そのままお召し上がりいただいて、あとでお茶漬けにどうぞ」と。
鯛は、胡麻と胡桃のたれがかかっていて、わさびがそえてあります。
ご飯と鯛だけで、十分おいしいのでお茶漬けにしなくてもいい!と思ったのですが、せっかくなので、最後はお茶漬けで〆
d0151634_21174724.jpg


お菓子
葛きりです、この葛きりのやわらかさもわたし好み。
お腹いっぱいだったくせに、しっかり完食してしまいましたヾ(・_・。)
d0151634_21282930.jpg


合計、11品でした!!
先付がいっぱいあったのかしら。とにかく、豪華なお食事です。
1年に数回、こういうお食事って素敵なイベント♪
[PR]
by bachnachu | 2008-02-07 22:51 | レストラン